住宅エコポイントが2019年に復活!?消費税10%への増税対策

住宅エコポイント、2019、復活

消費税増税への対策として、2019年には住宅エコポイントが復活するのでは?

という話しが出てきました。

というのも、消費税8%に増税した時に、消費が減少することへの対策として住宅エコポイント制度が省エネ住宅ポイントとして復活しました。

住宅エコポイントの補助金は、住宅を購入したり建てたりすると、ほぼ誰でももらえるからか人気の補助金制度です。

もしも、もらえるのであれば嬉しい制度ではありますが、、、、

2019年の消費税増税で住宅エコポイント復活する可能性について言及していきたいと思います。

Sponsored Link

住宅エコポイントが2019年に復活しそうな理由

住宅エコポイントは、2018年9月20日現在復活するかは未定となっています。

ですが、住宅エコポイントの復活を検討している段階となっている為、過去の消費税増税の影響も踏まえると復活する可能性が高いのでは???

という話しになっています。

この情報の元は、国土交通省の平成31年度国土交通省予算概算要求概要の中の記述。

※2019 年10 月の消費税率引上げに際し、税率引上げ後の支援について、需要変動を平準化
するため、過去に講じた措置の効果も踏まえ、税制・予算による総合的な対策について、
予算編成過程で検討する。
(参考)住宅について前回の消費税率引上げに関連して実施した予算措置
・すまい給付金
・省エネや耐震化に資するポイント制度
・住宅金融支援機構の金利優遇
出典:国土交通省HP

このように記述があります。

この平成31年度国土交通省予算概算要求概要は、平成30年8月に作成されたものでありますので、今後どうなるかはこれから要検討という流れですね。

2018年の年末ぐらいにははっきりとした回答が出てくるかと思います。

いずれにせよ、住宅エコポイントが復活するのであれば、朗報と言えそうですね!

 

とは言え、「復活は厳しいのでないか?」という考えも。

住宅エコポイントが2019年に復活するのであれば、ありがたいことではありますが、

消費税が10%に上がった時の措置として様々な対策が既になされているのも事実。

 

例えば、すまい給付金。

すまい給付金は所得に応じて普及されていますが、消費税増税後は、所得によっては、金額があがりますし、現在では対象外となっている所得の方も対象になる可能性は高まります。

すまい給付金はいつから増額?!消費税10%時の方がメリットがあるって本当?!

上記コンテンツにも詳しく記載していますが、場合によっては、消費税増税の影響よりも住宅価格においては、すまい給付金の増額分の方が大きく、メリットが出るという方もいます。

その上に、住宅エコポイントも復活するとなると、、、

そんなに良い話しはあるのかな・・と思うことも。

Sponsored Link

2020年に住宅エコポイントが復活というのもありえるのでは?

ここからは個人的な推測にはなりますが、住宅エコポイントの復活が2020年になるというのも考えられるかと思います。

というのも、消費税が8%にあがったのは、2014年4月1日。省エネ住宅ポイントが復活した日は、2014年12月27日(閣議決定日)。

つまり、消費税増税から半年経過を見たところ、消費の落ち込みがあるので、住宅エコポイントを省エネ住宅ポイントという名称で復活させたという流れがあります。

それを考えると、10%への消費税増税は、2019年10月1日が予定されています。

それを思うと、2019年の10月の消費税増税に合わせてすぐに住宅エコポイントが復活するのはなく、消費税増税の運用が開始されたからの消費の動向を見た上で、2020年度予算に組み込まれるという可能性もあるのではないかと思います。

ちなみに、前回の住宅エコポイントは省エネ住宅ポイントと呼ばれたように、省エネが一つのポイントでした。

ですが、今回は、「省エネや耐震化に資するポイント制度」とあるように、耐震化も一つのポイントとなっているようですね。

2018年は災害が非常に目立っていますが、災害に強い家造りの後押しをしてくれる制度はぜひとも実現して欲しいところですね!

 

 

いずれにせよ、住宅において2019年は、消費税増税が一つの大きなポイントとなりそうですね。

家の購入や建て替えを考えている方は、消費税増税のタイミングに注意することをおすすめします。

関連:消費税増税10%はいつから?住宅取得における3つのタイミング

また住宅エコポイントに関して、新しい情報が発表されましたら更新していきますね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ