住友不動産販売の売却査定は高いと評判!高値で本当に売れる?

住友不動産販売 売却査定 実体験

家を売ろうと思った時に、まず住友不動産販売を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ポスティングのチラシや、郵便として送られてくるDMなど、頻繁に届きますよね。

郵便はマンションなら全戸の謄本を取れば所有者も分かるので、売れ筋のマンションを軒並み取得して送るという発想が持てますが、戸建てでも届くので、その努力は凄いなと思います。

チラシを目にする機会も多いため、実際に住友不動産販売に売却査定を依頼するケースも多いです。

そして、住友不動産販売の売却査定の金額は高いと評判ですが、実際にその価格で売れてるのでしょうか?実体験を紹介していきます。

住友不動産販売の売却査定は高いと評判!

住友不動産販売の売却査定は高いという声をよく聞きます。

競合としてバッティングした時も査定額の高さに驚いたことも何回もあります。

家やマンションを売却したい売主からすると、高い査定というのはもちろん嬉しいですよね。

ですが、売却査定はただ、高ければ良いというわけでもありません。

そこで、高い売却査定の持つ意味について説明しますね。

不動産の売却査定が高くても売れなくては意味がない!

家 売却査定 高い メリット デメリット

売却査定が高いと嬉しいですが、実際のところ、査定がいくら高くても売れなければ意味がないですよね。

では、高い査定がもたらすメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。

まずは、売主側のメリットとデメリットから見ていきましょう。

高い売却査定のメリット・デメリット

高い売却査定の売主のメリット・デメリット

【メリット】
・高値で売れる可能性がある。

【デメリット】
・売れない場合にショックが大きい
・高い査定を信じて専属専任媒介契約、専任媒介契約を結ぶと他の業者に依頼できない。
・販売価格が高すぎて売れない場合に、売れない物件として認知されてしまう可能性がある。

売却査定の金額で売り出すとすると、通常は査定額以上の金額で売れることはありません。

その為、安い金額の査定よりも高い金額の査定で売り出した方が、高く売れる可能性があります。

これは売主にとっては、メリットですよね。

ただし、高ければ良いわけではなく、あまりに相場から外れていて、高くて売れないという場合は、デメリットが出てきます。

具体的なデメリットとしては、専属専任媒介契約もしくは、専任媒介契約を結ぶと他の不動産業者に依頼することができませんので、複数社に依頼するということが出来なくなります。

もちろん媒介契約は期限を設けて結ぶ契約ですので、期限が到来すれば他の業者に依頼することはできます。ですが、高くて売れない物件と認知されてしまい、いっこうに売れないということもよく聞く話です。

不動産業者にとって高い査定はメリットがあるのか?

高い査定の不動産業者のメリット・デメリット

【メリット】
・競合に勝てる可能性が高まる
・より高く売ることで、より高い仲介手数料が得られる

【デメリット】
・高すぎて売れなければ意味がない

不動産業者にとっても高い売却査定は、メリットがあるのかどうかを考えると、やはり競争力ということが言えます。

複数社に査定依頼があり競争が起こっている時には、もっとも高い査定を出したところに依頼したいという気持ちが働きますよね。

少しでも高く売って欲しいというのが売主の当然の心理だと思いますので、高い査定を出してくれたところと媒介契約を結ぶということは、わりと普通です。

そのため、少しでも高く査定を出したいという気持ちが生まれても不思議ではありません。

あとは、少しでも高く売却するとこは、不動産業者にとってもメリットがあります。

不動産業者の利益である仲介手数料は、成約金額が高ければ高いほど、利益も大きくなりますので、不動産の売主も不動産業者も高く売りたいという利害は一致しています。

少しでも高い査定を出した方がメリットが大きいのであれば、「査定を高くすれば良いのでは?」とも単純に思いますが、不動産の仲介手数料は成約した場合にのみ受け取れるものなので、業者にとっても売れなければ全く利益が出ません。

なので、周辺の取引事例や経験則に基づいて実際に売却できると想定される査定をどこの企業もしているはずです。

つまるところ、売却査定は、実際に売れるなら高い査定金額に越したことはないということが言えます。

売却査定額のポイント

実際に売れるなら高い査定に越したことはない!!

【実体験】住友不動産販売の売却査定と驚愕の成約価格!

家 売却査定 おすすめ

ここからは、実体験をお話していきます。

私も不動産の仲介を通して、住友不動産販売さんとお仕事をさせてもらったことがたびたびあります。

こちらが、買主を紹介して、売主側の仲介を住友不動産販売が担当していたこともありますし、単純に競合して、最初は一般媒介でお互いに販売活動を開始したものの、最終的に住友不動産販売と売主が専属専任媒介契約を結び、その後売却が成立したということもあります。

特にこの後者のパターンが驚きのパターンでした。

まず、査定段階において、数社が査定しておりましたが、その中で一番査定額が高かったのが、住友不動産販売でした。

それぞれの査定の2割ほど上をいく査定額でした。2億円近い物件でしたので査定額にして約4000万円ほどの開きです。

最初は一般媒介で住友不動産販売の査定額で、売却活動をスタートしましたが、なかなか売れませんでした。

売却開始から、1~2ヶ月ほど経過した時に、売主から、「住友不動産販売さん一本に絞ろうと思う。」という話しがありました。

理由を聞くと、専属専任媒介契約で売却活動をさせて欲しいという話しがあったとのこと。

一般媒介のままではダメなのかな・・・とも思い売主に聞いてみました、「住友不動産販売の担当者が最初から熱意を持って親身に話しをしてくれているので、一度任せてみたい。」とのことでした。

「3ヶ月任せてみてダメならまた、一般媒介でお願いするので、まずは3ヶ月住友不動産販売に任せる。」と。

売主様にそう言われたら仕方がありませんでしたし、相場よりかなり高いと思っていたので、正直売れないだろうとも思っていました。

思っていましたが、それから1~2ヶ月ほど経過した時に、「無事に売却できた」という話しを伺いました。

「最終的にいくらで売れました?」と聞くと、「最初の査定額の通りに売れました!」という喜びの声。

正直かなり驚きましたね。そんな金額で売れるわけがないと思っていたのに、売却できたわけです。

他の業者だったら、査定段階から、その高値で売却出来る可能性がなかったわけですから、高い査定というのは非常に大事なんだと感じさせられる場面でした。

と同時に、住友不動産販売の販売力にも驚きましたね。

最初から強気で行くことは、売却に置いてやはり大事だと感じる経験でした。

今まさに、売却を考えている方は、住友不動産販売に査定をお願いして見るのはおすすめです。

査定はもちろん無料ですので、ご自身の不動産の最大のポテンシャルを知る上でも一度相談してみるのは思っている以上に大事だと思います。

まとめ

不動産の売却査定の査定額の考え方や、高い査定が出やすいと評判の住友不動産販売の実体験のエピソードを紹介してきました。

言うまでもなく、不動産の売買では大きなお金が動きます。

どこに査定をするのか、どこに販売をお願いするのかによって、数百万円から数千万円という大きな差が生まれてきます。

不動産の売却査定は、一社しか依頼してはいけないというルールはありませんし、むしろ複数社から査定を取るのが一般的でもあります。

大切な資産を守る為にも、広く情報を集めることは大事ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください