新築 流行り 外観

新築を考える時に、シンプルな外観が良いか、流行の外観が良いのか迷うこともありますね。

流行かどうかを特に意識していなくても、街中の新築の外観や、住宅展示場のモデルハウス、CMで見る家などからなんとなく流行の外観は良いな・・・と思いやすいもの。

住宅にも実はトレンドがあるのですが、住宅の流行って具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

こちらでは、住宅のトレンドについて紹介していくとともに、シンプルか流行りか迷ったときにはどちらの選択がおすすめかを考えていきます!

Sponsored Link

住宅のトレンドとは?

そもそも「住宅にトレンドはあるか?」と言うと実際にはあります。

洋服のように毎年明確に変わるトレンドがあるわけではないですが、じわじわと数年に渡って変わっていくトレンドと呼べるものは存在しています。

例えば、2019年現在、東京など都心部のトレンドとしては、屋上がある四角い一戸建てが流行っています。

ヘーベルハウスがアウトドアリビングと提唱しているることも流行の一翼を担っていると思いますが、屋上を併設する為に、建物の外観としては、片流れのような屋根がなく四角い外観の家が増えています。

四角い外観

スパッと切り取ったような外観が特徴的でスタイリッシュでカッコイイですよね。

以前は、切妻屋根や寄棟屋根の外観も多かったです。

外観の流行りにおいて、以前は出窓のある家が流行った時期もありました。

街中を見ていると時代を感じることがありますが、どこに時代を感じてるのか突き詰めてみてみると、建物の劣化具合のみならず、外観のデザインによって時代を感じていることがあります。

10年20年というスパンで見てみると外観のデザインの流行を感じやすくなります。

シンプルか流行かどちらが良い?

流行の外観を選ぶか、シンプルな外観を選ぶか迷ったら、シンプルな方が良いと個人的には考えています。

理由は、流行が過ぎ去ると、時代遅れの建物という印象が色濃く出てしまいやすいためです。

例えば、バブル時代に建てられた過度に装飾された外観は、今見ると古めかしさとともに妙な寂しさを感じてしまうこともあります。

シンプルな外観であれば、いつ建てられたかも分かりにくいですし、外壁のリフォームをきっちりとしていれば、なおさら時代を感じにくくなります。

もちろん、「流行りのスタイルが好きだから絶対にその外観にしたい!」というような場合は、否定するものではないです。むしろ強い希望があるなら実現すべきと考えています。

ですが、迷うのであればシンプルな方が無難でおすすめだと考えています。

Sponsored Link

内装材にも流行はある?

住宅の流行を紐解いていくと、建材メーカーの流行りがそのまま流行となっていることも多いです。

特に、ドアや、窓枠、床材、壁紙、タイルなどの建材、キッチンやユニットバスなどの設備は、メーカーのトレンドがそのまま住宅の流行となっていきます。

リフォームの依頼を受けて、お客様のお宅に伺うと築年数に応じて家の雰囲気が変ってきているのがよく分かります。

その雰囲気を細かく見ていると内装材によるところが大きいです。

また外観にも影響する建材として、玄関ドアや窓(サッシ)があります。この影響によっても、外観のトレンドが変ってきます。

単純なデザイン変更だけはなく、法律の変化によって、構造体の柱をむき出しにすることができなくなったことも大きいな違いを生みます。(地域によります。)

例えば、防火規制によって、サッシは個別に認定を取る必要が出てきました。

この改正によって、地域によっては、以前の出窓は使えなくなったということもあり、外観のトレンドに大きな影響がありました。

外壁材もサイディングが主流になったことからモルタル仕上げが減り、サイディングのデザインによるトレンドが生まれてきました。

このように建材メーカーの製品によっても流行に大きな影響があります。

時代のトレンドによる流行り

カフェやインテリアの流行から新築への流行りという流れもあると言えます。

例えば、北欧風、南欧風、ブルックリンスタイル・・・などなど。

これらは、流行として、登場してきますが、ある程度経つと定番となるケースも。

一概に必ずしも廃れる流行りとは言えないですが、自分が飽きるかどうかという視点も持っておくと良いかもしれないですね。

内装の場合は、リフォームしやすいですが、外観を変えるというのは大変です。塗装で変えることはできますが、塗装だけでどのように変えられるかを事前に検討しておくと良いですね!

まとめ

新築における外観の流行について紹介してきました。

住宅の流行は、10年20年経ってから、「その頃流行っていたよね。」と体感するようなスパンの流行だと個人的には考えています。

また、シンプルなデザイン以外はすべて流行というわけではなく、輸入住宅やログハウスというような住宅もあります。

スウェーデンハウスに代表されるように北欧風の住宅も流行に関わらず人気の住宅です。

私が考えるベストは、流行を追うのでもなく、流行をあえて避けるのでもなく、自分自身と家族が心から満足できるものを選択して建てることが一番大事ではないかと考えています。

新築は、多くの方にとって一生に一度のイベントですので、「建てる過程も楽しんで、新築した瞬間に満足できる思い出づくり」も新築における大きな価値だと考えています。

ぜひとも、「どんな外観にするのか?」と、迷うことそれ自体も楽しんでもらえれば嬉しく思います!

Sponsored Link