扇風機がついている作業服(空調服)の口コミは?現場の熱中症対策に!

空調服、おすすめ、現場

酷すぎる猛暑と書いて、酷暑ですね。

2018年暑すぎます。

外に出るのもきついのに、外の現場作業をしている方、本当に頭が下がる思いとともに熱中症の危険を深刻に感じます。

熱いので夏休みというわけにもいかないのが現場の辛いところで、どれだけ暑くても毎日毎日作業はあります。

そんな現場を救う作業服が登場し、一気に普及してきているものがあります。

それは、扇風機がついている作業服。一般名称で、「空調服」と呼ばれています。

 

ついに、我が社でも現場監督全員に支給されました。

当然、感想や現場の職人さんからの口コミを聞いてみたのですが、「口をそろえて空調服がないとムリ!」という声を聞きます。

というわけで、現場の熱中症対策の空調服の詳細やおすすめの空調服。また口コミを紹介していきます。

Sponsored Link

扇風機がついている作業服の空調服とは?

ファンがついている作業着の空調服

ウィ~ンという音のもと風が送られることによって、服がふくらみ現場の職人さんが皆大きくなっているのが新しい光景になっています。

画像で見るとこういうもの。


出典:楽天市場
 扇風機がまわることで、作業服の中で空気が流れて涼しくなります。

言ってみれば、扇風機を間近で受けながら作業画出来るようになります。

 

仕組みは、シンプルで服に、扇風機のファンが装着できるようになっており、その扇風機をまわしながら作業するというだけです。

ファンは充電式の電池で動きますので充電は必要となります。

もちろん、取り外し可能ですので、洗濯も問題なくできますよ。

 

さまざまなメーカーから発売されていますが、仕組みに大差はないと言えそうです。

 

現場の監督さん、職人さんからの口コミ

では、実際の現場からの口コミを紹介しますと、

 

・以外とファンが邪魔にならないので作業もはかどる。

・この時期、屋根屋で空調服なしは死んじゃう。

・思っている以上に涼しい!

・慣れれば手放せない。

・弱風でも結構涼しい。移動中も常につけっぱなし。

・これ発明した人天才!

・みんな着てるので違和感がない。

 

デメリットの声をあまり現場から聞かないのが空調服の凄いところです。

唯一デメリットをあげるとすると、使ったことがない場合に、はじめて装着するのに抵抗があるという方もいます。

はじめてのものは何でもそうですが、違和感を覚えやすいところではありますよね。

ですが、使った方は「口をそろえて、ないとムリ!」と言うのが空調服の素晴らしさを物語っていると思います。

 

Sponsored Link

現場の熱中症対策におすすめの空調服は?

 


出典:熱中症対策 エアコンジャケット (楽天市場)
おすすめの空調服は、マキタの空調服。

以下の画像は、 WORK BANKより引用していきます。

マキタ、空調服

マキタの空調服は、3点セットが基本となりますが、マキタのバッテリーを持っている方は、ジャケットとバッテリーホルダーのみの購入で使えるようになります。

現場の職人さんだと多くの場合、マキタの電動工具を使っているケースが多いので、使いやすいというのがおすすめするポイントです。

しかも、作業服もスタイリッシュでカッコイイので間違いないというメリットがありますね。

作業服、空調

実際に来てみると思っている以上に涼しい!

という感想を持つと思いますよ。

まだ使ったことがないという方、売り切れになる前に手に入れてみると良いのではないでしょうか。

購入はこちらから→熱中症対策 エアコンジャケット (ファン付き) 空調服 マキタ makita

 

マキタの工具使っていないよ・・・

という方の場合のおすすめは、


【空調風神服】・楽天市場
風神服という名のこちらの商品は、ファンとバッテリーがセット販売されておりますので、分かりやすいです。

もちろん空調服の性能としても、バッテリーが軽いので違和感なく、空調服を着られると評判です。

 

マキタの工具を使っている方でもこちらを着ている方も、もちろんいますよ。

風神服はこちらから→【空調風神服】・楽天市場

まだ、空調服を持っていないという方は、是非早めに試してみることをおすすめします。

 

ちなみに、今年2018年の夏の猛暑は、ダブル高気圧の影響で、7月下旬と9月上旬にかけて続くということです。今からの購入でも今シーズンにまだまだ間に合います!

関連:猛暑はいつまで?2018年の猛暑の意味は「災害」?最大限の対策を!

熱中症気をつけて暑すぎる夏を無事故で乗り切りましょうね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ