空き家、空き地、固定資産税、対策

最近、遠隔地からのアパートもしくは戸建てのプラン設計依頼が増えています。

お住まいの住所は遠いけど、建設予定地は事業エリア内というお問い合わせです。

 

メールや電話でよくよく話しを聞いてみると、「相続で受け継いだ実家の空き家もしくは空き地への建築を考えている。」という相談です。

 

そのままにしておくと、毎年固定資産税はかかってくるし、空き家の場合は安全面や衛生面的にも不安がある。実家が離れているので度々見に行くことも出来ない。

かと言って解体してしまうと、固定資産税が高くなるのでむやみに解体も出来ない。というか解体費用をかけるのも気が引ける。

既に更地の場合は、固定資産税は深刻に頭を抱える問題に。。。

固定資産税の対策をしないと・・・・

ということでアパートのプラン依頼の問い合わせをいただきます。

 

自分毎として捉えれば捉えるほど、深刻な問題です。日常の生活にかかる費用に加えての未利用地からの出費はやはり辛いものがあります。

 

このような悩みをかかえている時には、どのような対策を取ると良いのか一緒に考えていきたいと思います。

Sponsored Link

空き家と空き地の固定資産税対策と活用事例

空き地と空き家の対策を考えると大きく分けて3つの方法があると言えます。

それは、「貸す」「手放す」「利用する」の3つです。

それぞれについて詳しく見ていきます。

貸す

誰かに貸して、家賃をもらうという活用方法です。真っ先に思いつく対策方法かもしれませんね。

貸す方法によって、さまざまな手段が取れると思います。

 

・空き家をリフォームして貸す

建替えてアパートにして貸す

・更地で月極駐車場として貸す

・更地でコインパーキングとして貸す

 

貸す場合には、レントロールと言って、いくらの資金を投入してどれだけの利回りで回収できるのか?が重要になってきますね。

そして、この資金投入でローンを組むのか手持ちの現金の範囲内で計画するのかという分岐点が考えられます。

手放す

貸して空き家や土地を活用するのが手間だったり、難しいかなと言う場合には、手放すことが考えれます。

手放すというと、

・売る

・寄付する

のどちらかになります。

値段がつくのであれば、売った方が良いですし、売ることが出来ないような土地の場合は寄付という方法も取れます。

利用する

3つ目の対策は、利用する方法になります。

利用と言うと幅広いですが、

・セカンドハウスとして利用する

・事業用として利用する

の2つの側面で考えられるかと思います。

週末は田舎で過ごすというデュアルライフが脚光を浴びてきている流れもありますので、これも良い方法だと個人的には思います。

 

事業用として利用する場合は、様々な事業が考えれますが、自分利用の事業というと、太陽光発電がもっともやりやすいところかと思います。

貸すと言うカテゴリーでくくっても良いような気がしますが、貸すわけではないので利用するとしています。

 

また固定資産税対策としては、空き家の解体に補助金が出ているところがあります。

その補助金を利用して解体した場合には、土地の固定資産税を数年間免除するという制度も補助金で出ているところもありますので、まずは補助金利用で解体して数年間の間で対策を考えるというのも一つの手段ではあります。

Sponsored Link

実家の対策を難しくするたった一つの理由

対策事例は分かった。

では、どの方法が良いのかな・・・?

というところまではいくのですが、どの方法が良いかを判断するのが非常に難しいのではないでしょうか。

 

なぜ難しいのかを考えると、たった一つの理由があります。

 

たった一つの理由とは、「不動産の場所」です。

どこに対象の空き家や空き地があるのかで、活用方法の良し悪しは全くことなってくるからです。

 

その場所というは都道府県というレベルもそうですが、

同じ市区町村であっても駅徒歩何分か、国道沿いなのか、日照条件はどうなのか、人通り、車通り、土地の大きさ、形・・・

 

それらの個々の条件によって、ベストな方法が全くことなってくるからです。

アパートを建てることが向いている土地もあるでしょう。

予算をかけたくない場合は駐車場で成り立つところもあるでしょう。

隣地の方が欲しがっている土地もあるかもしれません。

 

空き家や空き地、不動産の特性上、一般論で判断することが出来ないという事情があります。

それが、いくらインターネット等で情報を集めたとしても最終的には分からないということになるたった一つの理由です。

空き家と空き地の対策に迷った時におすすめの方法

とは言え、様々な対策の事例を知っておくとは非常に重要です。

どんな活用方法の事例があるかをある程度押さえた上でおすすめの方法は、複数のプロに相談するということです。

もちろん、アパートを建てる相談、駐車場の相談を直接もちかけるのも良いとは思います。

良いとは思いますが、その一歩手前。どんな活用方法がベストか?というところから相談することがおすすめです。

それぞれの土地にあった提案をもらうことが、より良い方法だと考えています。

どこに相談すれば良いの?

そこでおすすめな方法は、タウンライフ土地活用というサービスを利用する方法です。

まさに、土地の活用方法から相談できるように設計されたサービスですので、各々の土地に有効な提案を期待できます。

複数の企業から一括に見積もりを取れますので、2~3社良さそうな企業をピックアップして相談してみると良いでしょう。

あまりに多すぎると逆に迷ってしまうこともあるかと思いますが、一社だけだと本当にその選択が良いのかわかりかねます。

その土地に精通していることが重要です。

そして、タウンライフ土地活用の良いところは、その土地に精通している業者がピックアップされるという点です。

土地の場所によって、最適解が違うのに、その土地に精通していない業者に相談しても良い方法が選べないのは当然のこと。

であれば、最初からその土地に精通している業者へ問い合わせをすべきだと考えられます。

土地活用の提案に慣れている担当者であること。

盲点なんじゃないのかなと思うのが、不動産業者の担当が土地活用の提案に慣れていることという注意点です。

どういうことかと言うと、

不動産の営業と言っても幅広い仕事があるからです。

具体的には、賃貸を担当している営業もいれば、投資用マンションを専門にしている人もいます。また建売住宅の販売、注文住宅の提案を専門にしている人もいます。

つまり担当によって、不動産の相談であっても、全く畑違いの相談になることがあるということです。

これが、タウンライフ土地活用をおすすめする大きな理由であるのですが、土地活用という窓口で相談できるというのが実は重要なポイントなのです。

タウンライフ土地活用で一括資料請求をする!

まとめ

長くなりましたので、ここでお話してきたことをまとめますと、

 

空き家、空き地対策として3つの考え方をざっくり把握しておくこと。

その上で、

空き家空き地のある地域での、土地活用を専門としている窓口に相談すること。

が重要です。

 

なかなか、実家の空き家や、相続した空き地対策は、頭をかかえる問題ではありますが、いつかやらなきゃな・・・

と放置しておく間に、劣化しますし、固定資産税は容赦なくかかってきます。

思い立ったタイミングでまずは、相談してみると思いの外早く解決することもあるのではないでしょうか。

 

タウンライフ土地活用で一括資料請求をする!

 

タウンライフ土地活用についてもっと詳しく知りたいという場合は、

タウンライフ土地活用を徹底解説!デメリットは?初心者こそ活用を!

に記載していおりますので、よろしければご参照ください!

Sponsored Link