新国立競技場、工事現場

新国立競技場が東京オリンピックに向けて着々と工事が進んでいます。

 

先日新国立競技場の工事現場に行ってきましたが、思っていた以上の迫力で見応えがありました。

 

そして工事の進捗を見るとどうしても気になってしまうのが、完成予定。

現場の状況写真と併せて、新国立競技場の完成予定も併せて紹介していきます。

 

また、Googleのストリートビューやアースでも新国立競技場の様子は見れるのですが、見たことってあります?

 

ストリートビューやアースの世界においても実はかなりの迫力で見ていて面白いものがありますので、紹介していきますっ!

Sponsored Link

新国立競技場の工事の進捗写真(2018年7月4日)

新国立競技場、工事、写真

車の中からの撮影ですが、ドンっとした存在感が凄いです。

土地勘なくても一発で新国立競技場の工事現場だと分かるほどの存在感です。

この写真の撮影場所は、新国立競技場と神宮第二球場の間の道から撮影したものです。

地図で言うと以下のようになりますね。

 

道路から離れていても一枚の写真には納まらない大きさなので、つなげて撮ります。

新国立競技場、写真、工事中

 

国家プロジェクトと呼んで良いと思いますが、なかなか見事な建築物です。

 

完成予想パースでは、

新国立競技場、イメージパース

出典:http://www.taisei.co.jp/

完成の形が見えてきて出来上がってきているのがよく分かります。

完成予定はいつ?

新国立競技場の工期の完成予定は、2019年11月末予定とのことです。

全体工程を見てみると、着工が、2016年12月ですので、まる3年を予定しているんですよね。

 

そうすると、ちょうど半分を折り返したところでこの写真のような進捗状況ということですね。

躯体を作るのもの大変ですが、そこから更に外装・内装・外構と大きいだけにかなり大変な作業が残っているんですね。

無事の竣工をお祈りしております!

Sponsored Link

地図で新国立競技場を検索してみると、そこには・・・

グーグルマップで、新国立競技場を検索してストリートビューを見てみると、そこには旧国立競技場の様子が残っています。

旧国立競技場出典:グーグルマップ

しかもストリートビューで旧国立競技場の外回りも見れますし、グラウンドが見れるのもなかなか乙なポイントです。

新国立競技場が完成した後もどうにかして保存して欲しいなぁと思ってしまうものですが、解体されてしまったからこそ見たいという気持ちもありますよね。

 

さらにグーグルアースに視点を変えてみると、

新国立競技場、アース出典:グーグルアース

シムシティ見たいな世界が広がっています。

この状態を見てみると、ここから躯体を図面どおりに作るって改めて凄いことだよなぁ・・・と実感できます。

配置と言って正確な位置を決めてつくり出すことさえもこれだけの規模になると難しく感じちゃうものです。

そのあたりは、さすが日本のトップ企業だからこその仕事だと関心します。

 

大きな建築物の工事中の状況が見れるのは、その時しかありません。

スカイツリーも完成してみると一体どうやって作ったのか・・・?

というような存在感があるだけで工事中の様子は見えません。当たり前ですよね。。

ですが、工事中だからこそ見える景色も建築物の楽しみだと個人的には思いますので、建物好きな方は、ご覧いただく価値はあるのではないかと思います。

 

また、新国立競技場の近くによったら、工事の進捗状況を更新していこうと思います!

Sponsored Link