梅雨、24時間換気

新築を案内していると「24時間換気はついていますか?」という質問を時々もらいます。

または、「24時間換気ってなんですか?」という質問もあります。

どちらも良く調べているなぁと思うところではありますが、この24時間換気の機能と目的は、新築を購入した人でも、もしくは案内している営業マンであっても詳細は知らないのでは?とも思います。

「家の中を24時間空気が循環するシステム」ということではあるのですが・・・

換気とあるので、梅雨どきになると湿気対策として「24時間換気は有効なのかな・・・?」なんて疑問をもちませんか?

ということで、「24時間換気とは?」から「梅雨の湿気対策に有効なのか?」という点について紹介していきます。

Sponsored Link

24時間換気とは?そもそもの目的は?

 

24時間換気システムは、新築の場合は、一戸建てであってもマンションであっても必ず設置されているシステムです。

必ずというのは、法律で義務づけられているからです。

平成15年(2003年)7月の法改正で、新築住宅を建築する場合はこの24時間換気システムの設置が義務化されました。

24時間換気システムとは、24時間にわたって建物の空気が循環して換気されるようになっているシステムです。

仕組みとしては、空気を給気口から取り入れて、換気扇から排出するという流れをつくって循環させます。

24時間換気システムとは?

という空気の流れを家の中でつくります。

給気口、閉まっている

これが給気口です。開け締めできるようになっています。

給気口、空いている状態

給気口が開いている状態です。

浴室、換気

浴室の換気です。24時間換気のボタン解除に3秒押しとあります。このことからも基本的につけっぱなしにしておくことが伺えます。

換気扇、排気

自然給気の機械排気の機械は換気扇です。トイレの換気扇もつけっぱなしにしておきましょう。

ちなみに、この換気方法を第三種換気といいます。

このポイントは、換気扇から排気をすることで空気の流れが完結しますので、24時間換気扇をつけておく必要があります。

つまり24時間換気システムの使い方は家中のすべての換気扇をつけっぱなしにしておくことと給気口をあけておくこと。

と言えます。

24時間換気のそもそもの目的は?

24時間換気のそもそもの目的は「シックハウス対策」です。

シックハウスというのは、建材・接着剤などによる化学物質によって、めまい、頭痛、吐き気、目などの痛みなどを引き起こすことがあります。その対策として、換気を十分にしようということで、24時間換気が義務化されました。

Sponsored Link

24時間換気は梅雨の湿気対策として有効なのか?

24時間換気をすることで内部結露の防止になると言われています。

内部結露は、冬に建物の躯体の中(構造部)において結露が発生して構造体としての木が腐っていくことにつながる問題です。

24時間換気をしないと、空気の循環がおこらず、よどんだ空気や湿気が溜まってしまうことによって結露の問題が引き起こされるとされています。

また湿気がいつまでも滞留することはカビの原因ともなりえます。

 

ということは、梅雨時の湿気対策としても有効に機能すると考えても良いでしょう。

 

梅雨時は外の方が湿気が高いから給気は微妙では?

梅雨時の湿度は、家の中よりも外の方が高いから24時間換気をつけることで余計に湿度が高くなるので止めた方が良いのでは?

という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

言われると確かに・・・と思うのですが、それでも締め切ってしまうと空気が流れずにとどまってしまうことの方が、カビなどの原因になりますので、よろしくないとされています。

湿度が高くても家の中に空気の流れをつくること、つまり24時間換気は止めずにつけておく方が良いですね。

また、換気をした方が良いので、24時間換気だけに頼らずに、窓をあけて換気を行うことももちろん有効ですので、梅雨どきでも換気は積極的に行ないましょう。

ちなみに、24時間換気には、あくまで空気の循環を促して新鮮な空気を取り入れることですので、「除湿」の機能はありません。住環境的に快適に除湿をしたい場合は、やはりエアコンの除湿機能を利用するのが良いでしょう。

また、特に湿気が気になる場所で除湿したい場合は、除湿機を使うなどの工夫も効果的ですね。

 

24時間換気は梅雨どきももちろん活用するとともに、冬場に空気が流れると寒いと言って止めてしまう方もいますが、冬場は内部結露の原因にもなりますので、年間を通して活用するようにしたいですね。

Sponsored Link