リフォームの時期、初回はいつ?10年頃というのは本当か?

リフォーム、10年、外壁

「築10年たったらリフォームをしよう!」まるで合言葉のように言われているので、築10年を迎える頃には、「そろそろメンテナンスの為のリフォームが必要かな・・・?」と思う方も多いです。

実際に問合せをもらって、現調に行くことも多いですし、それに対してお見積りをお出しすることも多いですが・・・・

その時にすぐ受注することって少ないかも。

実際のところ初回のリフォームとして10年目に一気にやるのはもったいない場合が多いです。

かと言ってする必要がないとも一概には言えないので、10年目のリフォームの相談に行った時に見ているポイントを紹介していきます。

Sponsored Link

初回のリフォーム依頼で多いのは、屋根およびバルコニーと外壁です

新築後10年ぐらいで多い問合せは、「そろそろ外壁塗装をした方が良いのでしょうか?」という問合せです。

確かに、外壁塗装はやった方が長持ちしますし、外壁が劣化していくと雨漏りの原因になりそこから構造部に水が侵入していくと家の構造が弱くなっていきます。

なので、定期的なメンテナンスはやった方が良いです。

ですが、10年という時期にやるのはちょっともったいないという場合が多いです。

 

一般的には外壁の塗装が重要とされていますが、それよりも重要なのは、コーキングの打ち替えです。外壁材の継ぎ目にはコーキングと呼ばれるもので防水の処理をしているのですが、これが経年劣化し乾いてヒビが入ってきます。

このひびが割れてそこから水が入ることが一番の問題となります。

それゆえに、コーキングの打ち替えがメインになるのですが、その為には足場が必要となります。リフォームの費用の割合を見ても足場代が大きくなります。

なので、どうせ足場を組むのなら、外壁の塗装も一緒にやりましょう。という流れになります。そして足場を組むのなら屋根の塗装も一緒にやりましょう。

と言うセットで行うことが多いです。

本当は一番大事なのは、コーキングですが、塗装という方がイメージしやすいので10年頃には外壁塗装をしよう!という発想になっているのかもしれません。

コーキングってそもそも何?打ち替えってどうやるの?

という疑問には下記動画が分かりやすかったのでご参考まで。

 

この動画から分かるように、コーキングが切れている(ひび割れている)のであれば、外壁のリフォームをした方が良いです。

まだ、かわいておらず弾力があるようであれば、もうしばらくしてからでも良いと思います。

この劣化は、同じ建物でも陽当たりによっても変わってきます。基本的には、陽当たりの良いところの方が劣化は早いとされていますので、自分でチェックする場合は、陽当たりの良いところは必ず見た方が良いでしょう。

なぜ10年でリフォームと言われているのか?原因は瑕疵保険?!

10年を目安とされている理由の一つに瑕疵保険が10年間で終わるという点もあるかと思います。

新築時に10年間は保証がつきますとの説明を受けますので、「10年で保証がなくなる→そろそろメンテナンス」という流れも想像できます。

そして、最近では、10年の保証が切れる前に一度、インスペクターによる点検を受けて必要なリフォームを行った場合には、さらに10年間の延長かし保証保険がつくというサービスが出てきています。

延長かし保証保険は必要なのか?

10年のかし保証保険は、構造と水漏れに対する保証保険です。

かし(瑕疵)=欠点、欠陥、過失

ですので、あくまで欠陥があった場合には保証しますと言う内容です。

なので、10年の時に延長する為には、当然メンテナンス工事が必要です。具体的には、外壁、屋根、バルコニーの防水、サッシの雨漏れの原因になるであろう部分の防水塗装の内容となることが多いです。

この内容を10年を待たずして、やるのはもったいないような気もしますが、いずれやるなら早め早めの方が安心という場合には、付帯するのも悪くはないかなと思います。

ただし、必ずしも必要かと言うと個人的には、瑕疵保証のタイミングにこだわる必要はないんじゃないかと思っています。

イメージ的には30年というスパンで考えた時に、10年毎だと3回リフォームが必要ですが、15年だと2回ですむという発想ですね。

とは言え、保険をつけることで安心できるというものでもありますので、心配な場合は、延長保証のタイミングでメンテンス工事を一気にやってしまうのは良いと思います。

瑕疵保証をつける以上、第三者のインスペクターによる検査がありますので、そういう意味でも業者まかせにならず安心できるという側面もありますので。

参考:中古住宅の診断・ホームインスペクションとは?費用と調査項目について

インスペクターに関しては、上記コンテンツにも記載しております。

Sponsored Link

リフォームの業者選びに迷ったら?

新築した工務店やハウスメーカーがある場合は良いのですが、廃業してしまったり、そもそもそこには頼みたくない場合に、リフォーム工事ってどこに頼んで良いか迷うことがありませんか?

飛び込み営業に来られたところでやったら、見積もりが高すぎた・・・

とか

そもそもその会社が信頼できるのか分からない・・・

とか。

そんな時におすすめなのがホームプロというサービス。

リフォーム会社の紹介サイトで、既に60万人の方が利用しているサービスです。

運営母体もリクルート、大阪ガス、NTT東日本、NTT西日本が出資している為、そもそもの安心感があります。

ホームプロの良いところは、以下の2分の動画をご覧いただくと分かりやすいです。

 

いかがでしょうか?

匿名での問合せも出来ますので、リフォームを検討しようかなと思っている場合は、以下より紹介を申し込んでみるとスムーズです。

もちろん無料で申込できますのでご安心を。

申込はこちら→ホームプロ

2~3社紹介してもらえるので相見積もりを取れます。

なのでぼったくられる心配もありませんし、相性が良いリフォーム会社がきっとみつかります。

Sponsored Link

リフォーム内容に住宅ローンも入れませんか?

家のリフォームは、10年ぐらいで一度検討するというのが一般的になっていますが、住宅ローンのリフォームはお考えでしょうか?

実は住宅ローンのリフォームってあまり考えていない方が多いようです。

多いようですが、ここ10年間で住宅ローンの金利はかなり下がっています。

ということは・・・?

住宅ローンのリフォーム、つまり借り換えすることでかなりのメリットが出る場合も多いです。

とは言え、借り換えって難しそう、時間がない。手数料や諸費用も含めるとメリットなさそう・・・。

ということもあるかと思います。

そんな時に、とてもオススメのサービスがありました。

モゲチェック・プラザ

このサイトは、住宅ローンの借り換えの代行をしてくれるサービスです。

借り換えでメリットが出た場合のみの成功報酬の形態をとっているので、基本的に損することがありません。

借り換えをやった方が良いんだろうなぁと思っていてもやらない理由は、わかりにくいことと、検討する時間がないことと、そもそも検討するのが面倒という点が考えられます。

それらを全部代行してもらう変わりに、手数料として、成功報酬での支払いとなります。

結構素敵なサービスだなと思います。

申し込みはこちら→モゲチェック・プラザ

もしかしたら、場合によっては、借り換えすることで、外壁リフォームの一回分ぐらいのメリットは出るかもしれませんね!

コメントを残す

このページの先頭へ