ヒートショック対策の家電。脱衣室やトイレの暖房におすすめのヒーターはこれ!

ヒートショック対策 家電

ヒートショックの事故が増加する季節。

寒くなるといきなり、洗面室暖房機に売り切れ続出という感じの家電商品があります。

リフォームする時に洗面室暖房機でおすすめしている商品でもあるのですが、実際つけてみるとその良さに思わず魅了されるというもの。

しかも、コンパクトで洗面脱衣室はもちろんトイレの暖房としても使えますので、ヒートショック対策の決定版と言っても良いと個人的には思っています。

しかも「家電」なので、通販でも買えますし、電気屋さんでも買えるという代物。

つまり、リフォーム工事が必要なく自分で設置も可能というのが嬉しいポイントでもあります。

※お店によっては、工事費別途で取付もやってくれるところもあります。

Sponsored Link

ヒートショック対策として洗面室とトイレを暖められる家電

まずは、どんな暖め方があるの?

というところから見ていきたいと思います。

ちなみに、見るポイントは、洗面脱衣室もトイレも「狭い空間」であるという点に注意してみていきましょう。

電気ストープ(赤外線ヒーター)

まずは、電気ストーブのタイプです。

※画像クリックで楽天市場の商品詳細ページが見れます。

仕事がら定期点検でお客様の洗面脱衣室にお邪魔することも多いですが、一番よく見るタイプがこれ。

スリム型ですぐに暖まるので、使っている方も多いです。

ですが、狭い場所におくので、洗面化粧台が焦げたという方もいました・・・。

普段置いている角度がずれててそのまま熱してたということです。

使っている時は注意が必要です。

後は暖まり方の質として、部屋全体を暖めるには向いていないという点が言えます。

ヒートショック対策とするとできるだけ部屋の温度ムラをなくしたいので、最適とは言えないと思います。

オイルヒーター

次にオイルヒーターです。

※画像クリックで楽天市場の商品詳細ページが見れます。
オイルヒーターは使ったことありますか?

あると良く分かると思いますが、暖まり方はまろやかで、室全体がゆっくりと暖まるので、洗面脱衣室全体を温めると考えると向いています。

ただし、デメリットは、暖めるのに時間がかかることと、それなりの大きさがあるということ。

場所と時間が許してくれるのであれば、おすすめです。暖めるのに時間はかかりますが、冷めるのにも時間がかかるので、余裕をもって暖めておいて、一度暖まったら消しておいてもしばらく暖かいというメリットもあります。

また、家具の近くにおいても燃えることはないので安心して使えます。

ファンヒーター

ファンヒーターと言っても、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、セラミックファンヒーターとあります。

石油を洗面脱衣室で使うのは、不完全燃焼した場合や換気を考えるとちょっと気が引けます。

ガスコンセントがもしもあるのなら、ガスファンヒーターはかなりオススメです。

ガスファンヒーターってすぐに暖まるし、手間もかからないので安心です。

スペース的にもさほど取らないのも良いですね。

場合によっては、リフォームでガスコンセントをつくることから手配するというのも一つの手だと思います。

ガスコンセントがない場合は、セラミックファンヒーターという手もあります。

 ※画像クリックで楽天市場の商品詳細ページが見れます。

石油やガスほど一気に暖まりはしませんが、優しい暖まり方ですし、すぐに温風が出るのでこれもありとだと思います。

大きさ的には、薄型もありますので、電機屋さんでその効果を試してみるのも良いですね。

さらに嬉しいのはセンサー付きもあるという点。

センサーで自動でオンオフが出来るのも嬉しいポイントですね!

Sponsored Link

洗面脱衣室にも、トイレにもおすすめのグラファイトヒーター!

リフォームの完成現場に行ってその出来栄えよりも感動してしまったのが、高須産業(株) の脱衣室・トイレ・小部屋用のグラファイトヒーター。

壁掛けのヒーターなのですが、センサー付きで洗面室に入った瞬間に作動して、一瞬で暖まるんですよね。

しかも、カーボンヒーターに似ていますが、近くに行かないと暖かくないということはなく、離れても暖かいんです。

リモコンを探す手間もないですし、スイッチを入り切りする必要もないので、万が一の切り忘れもありえません。

コンセント一つでつけられますので、専用コンセントがない場合は延長コードでも使えるという手軽さをもっています。

しかも小型なので、頭に当たらない位置に設置できますので、邪魔にもならないという。

洗面脱衣室、トイレのヒートショック専用に開発された暖房器具と言えるんじゃないかと言うぐらい適しています。

※画像クリックで楽天市場の商品詳細ページが見れます。

取り付け方法は簡単で取り付け方を見れば自分で設置も出来ます。

ですが、不安だよ~と言う場合は、取り付け工事を依頼できる店舗もありますので安心です。

ちなみに、このタイプのグラファイトヒーターは結構人気で売り切れも続出しています。

個人的には、「まぁそうだよね。」と納得するところではありますが。

手軽に設置できるので、12月に買ってもすぐに使えるという点で今年の冬のヒートショック対策として利用できます。

何週間も先の設置だと、すぐに使えないと言う点で躊躇しちゃうこともありますよね。

在庫があるうちは、その心配は無用ですね!

まとめ

ヒートショックは、誰にでも起こりうることなので、油断大敵です。

ヒートショックとは?予防と具体的な対策方法!お風呂場で注意すべきこと!

上記コンテンツにもヒートショックの予防方法は書きましたが、油断大敵で出来ることを準備していくことが大事です。

また、家電を買わなくても心がけだけで対策できることもあります。

ですが、家電で簡単に対策ができることですので、この機会にご自宅の洗面脱衣室に合ったものを用意するのは良いのではないでしょうか。

ヒートショックは、大丈夫だろうと思っていても突然起こりえることですので!

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ