「建築知識」の記事一覧

建築基準法の2019年改正で準防火地域の準耐火も建ぺい率10%緩和!

建ぺい率 2019緩和 10% 

建築基準法が2019年の改正がじわじわと実務レベルに変化が起きています。 特に一戸建ての建築において、重要となってくるのは、建ぺい率の緩和ではないでしょうか。 準防火地域において、準耐火建築物を建築する場合には10%建ぺ・・・

建ぺい率・容積率・用途地域・防火地域の調べ方と理解する方法

建ぺい率、容積率、調べ方

  一見、無秩序に建設されているように見える都市も実は、さまざまな法律によって都市計画が定められています。 その中でも、建ぺい率・容積率・用途地域・防火地域と言った区分は街なかの雰囲気を決定づける主な要素になっ・・・

建物の登記簿面積と延床面積(建築確認面積)と施工床面積の違い

登記、延床、施工床の違い

家の面積って普段そんなに気にはしないと思いますが、いざ家を買おうと思うと気になります。 広告に出ている図面に記載されている面積をまず目にするかと思いますが、その後に設計図を見るとまた違う面積があったり、登記してみたらもっ・・・

上棟と建方の違いは?

上棟、建て方、違い

建築工事において、上棟や建方という言葉があります。 上棟式という言葉は比較的よく聞く言葉だと思いますので、上棟の方がピンとくるという方も多いかもしれません。 上棟、建方のどちらの言葉も意味はなんとなく分かりますが、「その・・・

梅雨に家を建てるのはNG?おすすめの季節はあるのか?

梅雨、家を建てる

梅雨の時期に家を建てるとなると、気になるのは当然、雨ですね。 木造住宅の場合は、基礎工事をする時と、建て方(上棟)の日の雨が特に気になるところではないでしょうか。 雨ざらしになっている建築現場を見てて良い気はしないですよ・・・

NearlyZEH(ニアリーゼッチ)とZEH oriented(オリエンテッド)の違い。2018年の補助金は?

ニアリーゼッチ、ゼッチオリエンテッド、違い

住宅業界において、ZEH(ゼッチ)関連の情報を耳にする機会はぐっと増えたように感じてます。 ですが、一般の消費者、つまり「お施主様からZEHの家を建てたいのですが・・・。」 という質問はさほど多くないような気もしています・・・

LCCM住宅とZEHとZEH+とサステナブル建築の定義の違い。

LCCM住宅とは?

省エネ住宅という言葉が気づけば古い言葉のような印象を受けますが、住宅における省エネはどんどん進化しています。 まるでITとい言葉が古くなり、AI、IOTなどの言葉の方がITを表す言葉としてしっくりと来るような感覚に似てい・・・

エネファームやエコウィルの低周波音って実際どんな音?【動画あり】

エネファーム どんな音

エネファームやエコウィルの低周波の音がして、頭痛や不眠などの健康被害に影響があると、消費者からの訴えが出ていた問題。 2年ほど前に問題が話題になりましたが、それから調査が進み、ついに、消費者安全調査委員会より、「関連性は・・・

間取り記号の意味「S・PS・MB・DEN・STO・SIC・WIC・sldk・CL・RF」とは?

間取り、図面、記号

不動産の広告を見ていると間取り図面の表記で、様々な記号を目にすることがあります。 例えば、良く目にするのが、2LDK+Sとか、WICとかSICとか。。 意味を聞いてしまえば、何てことないのですが、DENとか聞いてもピンと・・・

防火地域と準防火地域とは?違いを分かりやすく説明します!

防火地域、準防火地域

「防火地域や準防火地域とは?」 という質問の答えを求めている方は、おそらく新築を考えている方、もしくは建築士や宅建などの何らかの試験を控えている方のどちらかではないでしょうか? いずれにせよ、一般的には、日常生活で普通に・・・

このページの先頭へ