タウンライフ土地活用を徹底解説!デメリットは?初心者こそ活用を!

タウンライフ土地活用、メリット

少子高齢化社会という言葉の実態をひしひしと感じだしてきているのはどの業界でも感じることかもしれないですが、不動産や建築業界にもその波は押し寄せてきています。

少子高齢化社会の一つの実態として出てきてるのは、「土地の活用方法」という問題。

自宅の土地はもちろん、相続した土地や空き家など。

どのように活用するのか迷う不動産がどんどん出てきています。

もちろん売って現金化という手段もありますが、それが一番メリットの出る方法なのかと言うと、必ずしもそうでない場合もあります。

歴代守ってきた土地である場合、売るという選択肢がそもそもない場合もあります。

かと言ってそのまま放置して税金だけ払い続けるのは勿体ないですよね。

実は土地活用は切実な問題だったりします。

 

そんな中、累計110万人が利用しているタウンライフのサービスでタウンライフ土地活用があります。

多くの方が利用していて人気の背景にはもちろん、タウンライフ土地活用のサービスが優れているということが言えますが、そのサービスはご自身の土地活用において、優れているのか?

というのが一番気になるところですよね。

ここでは、タウンライフ土地活用のメリットとデメリットを徹底的に解説していきます。

また、土地活用というと投資的なイメージも強く初心者だと敷居が高く感じてしまうこともあるかもしれません。

タウンライフ土地活用は、そんな初心者の方も多くの利点があるサービスと言えますが、

そもそも「土地活用とは?」というところから解説していきたいと思います!

タウンライフ土地活用 公式HPはこちら

そもそも土地活用とは?

土地活用とは?

土地活用と言ってもそもそもどういうことが言えるのでしょうか?

なんとな~くアパート経営や駐車場などの投資的な印象が強いのではないかと思います。

もちろん投資の側面もありますが、土地活用の方法は数多くあります。

そこで、目的別にどんな方法が考えられるのかを整理していきます。

投資目的の場合

最も分かりやすい例とも言えるかもしれませんが、投資目的として土地活用です。

投資なので、購入にかかる費用やランニングコストに対して、どれだけの収益が出せるのか?

というところが焦点になります。

収益の出し方として、アパートが良いのかマンションが良いのか、駐車場、レンタル倉庫、太陽光発電など、活用方法は多岐にわたります。

さらには、サ高住などの施設を建築した上で一括で介護を行う会社に20年間貸し出すという方法もありますし、土地の大きさや場所によっては、長期安定の収益力を生み出すこともできます。

どの方法で土地を活用したら一番収益力が高まるかというのも各社によって提案力の差が出るポイントです。

相続して空き家や空き地になっている場合

今後どんどん増えてくるであろう問題がこちらになります。

自分が住んでいる家をそのまま相続したのなら、そのまま住むので問題ないですが、遠隔地で空き家になってしまった家や空き地を相続した場合には、どのように活用するか?という点が焦点になりますね。

売るのか貸すのか、建て替えてアパートやマンションにして貸すのか、解体して駐車場として貸すのか、はたまたレンタルルームにするのか?

さまざまな選択肢がありますのでどの方法が一番収益力が高いのかと考え出すと難しいですよね。

さらには、空き地を相続した場合は、空き家を相続した場合に比べて固定資産税が高くなりますので、そのまま空き地を放置した場合税金でどんどん支出が膨らんでしまいます。

最近、負動産という言葉が出てきていますが、資産であるはずの不動産が負債になるだけのものになってしまう状態を言います。

負動産にならない為にも土地活用を計画することで、収益を産む資産になるという大きな振り幅があるのが土地活用です。

建て替える場合や注文住宅で建てる場合

自分が住む場合であっても、賃貸併用住宅を建てるとすれば土地活用と言えますね。

(そもそも自宅を建てるというのも土地を活用していることになるのですが。)

計画次第では、賃貸からの家賃で、住宅ローンを支払うこともできますので、実質的に持ち出しなしで住宅を建てることができる場合もあります。

この場合は、建築費の総額や間取りのとり方、住宅ローンをどこで組むかなどによっても差ができますので、複数の提案の中から検討することは大事ですね。

特に間取りのとり方によっては、2部屋貸すのか1部屋貸すのかでは、収益力が違うということもありますので、提案力の差が出やすいポイントでもあります。

もちろん、小さい部屋2つが良いのか、大きいファミリー用の間取りで1部屋貸すのかは、どちらが良いかは立地やエリアにもよりますの、各社の市場調査によるところも大きいと言えます。

タウンライフ土地活用 公式HPはこちら
 

タウンライフ土地活用のメリット

タウンライフ土地活用

それでは、タウンライフ土地活用のメリットとデメリットを紹介していきます。

まずはメリットから見ていきます。

土地活用の方法が全くわからない初心者の方ももちろんOK!

不動産投資と言うと不動産に精通している一部の方がやっているイメージも強いかもしれませんが、タウンライフ土地活用は、「相続で取得したのは良いけど、どうして良いのか全くわからない!」という方も利用OKです。

つまり不動産の知識0からでも相談ができます。

むしろ、知識0の方こそタウンライフ土地活用を利用した方が良いと言えますが、その理由は、アパートなのか駐車場なのか売却なのか最適な方法を提案してもらえるからです。

もちろん売りたくないという場合は、売らずに活用する方法を提案してもらえます。

 

アパートが良いと駐車場のニーズが高いところだと無理してアパートを建てて空き家リスクを取るよりは駐車場として運用した方がランニングコストもかからない分メリットが高いという場合もあります。

むしろ駐車場よりもアパートを建築した方が良い場合もあります。

その点も含めて最適な提案をしてもらえるというのがメリットです。

他の一括請求のサービスだと、そもそもアパートなどの賃貸経営を前提としてるものだったりと、入り口からの相談というのが難しいこともあります。

 

もちろんアパート経営か駐車場かで迷っているというような場合もその区別ごとに相談できます。

希望の方法を比較して良いところや悪いところを提案してもらえるのも、タウンライフ土地活用のメリットと言えますね。

タウンライフ土地活用、

このように選択肢がありまして複数選択可能ですので、ある程度の希望を盛り込んだ中での具体的な相談ができます。

医療施設や介護施設、保育施設などはどの企業でも対応できるわけではないので、対応できる企業のみ絞り込まれるのも使い勝手は良いですね。

一括請求のメリットと各社からもらえるもの

そもそも一括請求すると何がもらえるのかというと以下のとおり。

タウンライフ土地活用、提案資料

・土地活用プラン

・建築費などの見積書と収支計画書

・市場調査資料

この3つがもらえるのがタウンライフ土地活用のメリットです。

通常の一括資料請求だと、各社のパンフレットを取り寄せるというのが一般的でした。

ですが、

タウンライフ土地活用のメリットは、一歩踏み込んで見積りや提案書までもらえるという点。
それだけ比較検討できれば、最適なプランをじっくりと検討できます。
特にマンションの建築など大きな金額のものになればなるほど、見積りを複数取り寄せることで1000万円近く差が出るというのも普通にあります。

もちろん安ければ安い方が良いというものではなく、内容に見合う金額であれば良いですが、それも比較してみないと高いのか安いのか質が良いのか悪いのか、質が良くても過度ではないのか?

など判断材料を持つというのは非情に重要です。

重要ですが、一つひとつ個別に相談すると非情に大変です。

それを自宅に居ながらたった数分の入力でもちろん無料で請求できてしまうのがタウンライフ土地活用のメリットです。

意外と重要なのは「市場調査書」

自宅を建てるのなら、市場調査書は必要ないですね。

ですが、収益を産む為には、市場調査は非情に重要です。

さきほども少し触れましたが、間取りのとり方によっても収益力は変わってきますし、地域によって間取りのとり方の良し悪しは変わってきます。

例えば大学が近くにあれば、単身の学生が借りる見込みは高いので、ファミリー用の間取りにはせずに、学生向けの間取りを前提に計画した方が収益は安定するのは想像しやすいですよね。

このように場所場所によって、最適な土地活用のプランは変わってきますので、複数の企業から市場調査書も取り寄せられるというのは、とても価値があることと言えます。

 

一時期前に問題になっていたニュースで、畑の多い地域にどんどんアパートが建ったというニュースがありました。

これは、サブリースで借り上げるから空室のリスクはないですよ。と言ってどんどん建てたは良いけど、あまりに空室が続くのサブリースで保証している家賃を引き下げるということに。

その結果として、赤字になってしまい、売りたくてもローンが残っていて売れないという問題に。

これは、まさに市場調査を無視した結果と言えます。

極端な例ではありますが、サブリースだからと安易に考えてしまった為、失敗した例と言えるでしょう。

 

土地活用の最適な方法は思っている以上に市場調査は重要です。

客観性や多くの情報を取り入れる為にも複数社から市場調査書をもらえるというのは非情に価値の高いことと言えます。

 

登録企業も利用者が多いというメリット

一括資料請求のサービスは複数ありますが、全国展開をしていて、提案書まで無料もらえるサービスというはタウンライフ土地活用だけと言っても良いのではないかと思います。

そして、登録している企業が200以上というのは、実はかなり多い数です。

一括資料請求のサービスの登録企業は多くて40社程度というのが一般的です。

それが、200社の中から選んで提案書をもらえるというのは凄いことです。

また、利用者も多く満足度も非情に高いです。

タウンライフ土地活用、評判

利用満足度と口コミ評価NO1というのは、サービスの質を物語っているのではないでしょうか。

タウンライフ土地活用 公式HPはこちら

タウンライフ土地活用のデメリットは?

メリットがかなり多いタウンライフ土地活用ですが、当然デメリットもあります。

デメリットは2つあると言えます。

それぞれ見ていきましょう。

全国展開という落とし穴

全国展開しているメリットは確かにあるのですが、地域によっては、対応している企業が少ないということもあります。

特にサ高住など特殊な施設を希望する場合は、さらに対応できる企業が減ってしまうという点はデメリットと言えそうです。

具体的には、検討している土地活用のエリアで希望種別を選択すると、対応できる企業が自動的にリストアップされますので調べてみてください。

タウンライフ土地活用で対応企業を調べる
 

迷ってしまうデメリット

対応できる企業が少ない場合はこのデメリットはありませんが、多い場合は、最終的に1社と契約する時に迷ってしまうという点がデメリットと言えそうです。

とは言え、最初から1社のみに依頼するというとそれは「運」によるところが多いと思いますので、少なくとも数2~3社は比較した方が良いとは思います。

なので、判断基準を各社の提案書を比較しながら決めていくことが大事になると言えそうです。

 

営業電話がかかってくるのは本当にデメリットなのか?

一括見積りサイトのデメリットを調べてみると、「営業の電話がかかってくる・・」というのをよく見かけます。

この点に関しては、本当にデメリットなのでしょか。

僕も利用前は、「沢山電話かかってくると嫌だな・・・」と思っていた時もありました。

ですが、忙しい時は忙しいと言えばかけなおしてくれますし、むしろ電話かけてくれると直接色々聞けるので、簡単に知識を深めることができます。

では何が嫌だったのかと言うと、興味が無いのにかかってくる営業電話です。

「何に書いたかも覚えていないような名簿から、興味のない商品の営業を忙しい時に電話営業をかけられる。」

これが嫌なんですよね。

 

ですが、興味があることに対してもらえる電話は、さほど嫌じゃないですし色々教えてもらえるチャンスと言えます。

それに、その電話営業で、こちらが忙しいと言っているのにひかずに電話を続けたとか、メールで送って欲しいと言っているのに、忙しい時間帯に電話連絡が続く。

というようなことが仮にあるとしたら、その会社には大切な資産をお任せしたいとは思えないですよね。

そういう点からも、実は、判断材料の一つであるといえますね。

タウンライフ土地活用 公式HPはこちら

まとめ

以上、土地活用ってそもそもどんな方法があるのか?タウンライフ土地活用のメリットとデメリットについてまとめてきました。

長くなりましたので、最後にポイントだけまとめておきますと、

タウンライフ土地活用のメリットは、

 

どんな方法で土地活用をするのが良いかという入り口から相談できる

無料で提案書と市場調査書が複数社から取り寄せられる

3冠達成という満足度の高いサービス

 

タウンライフ土地活用のデメリットは?

一部地域では選択肢が狭い

一部地域では選択肢が多すぎて迷ってしまう

という点がありました。

 

ここでは紹介しきれていない、特徴や口コミ評判も公式HPにはありますので併せてご確認ください。

タウンライフ土地活用 公式HPはこちら
「空き地」や「空き家」の有効利用を考えている場合も、

「賃貸併用住宅」を考えている場合も

まずはタウンライフ土地活用にて提案書を請求して色々な可能性を比較してみてはいかがでしょうか?

タウンライフ土地活用にて無料で提案書をもらう!
 

 

コメントを残す

このページの先頭へ