2019年(平成31年)に新築(購入・建て替え)でもらえる補助金まとめ!

2019、補助金、まとめ

2019年も使える補助金を一覧にしてまとめていきます。

補助金は、基本的には、年度毎に更新されていきますので、ここでは、2019年度(平成31年度)にもらえる補助金の紹介をしていきます。

もしも、2018年度での補助金をお調べになられている場合は、下記コンテンツにてまとめておりますので、ご参照ください。

関連:2018年(平成30年)に住宅購入(新築)でもらえる補助金まとめ

ちなみに、住宅を購入する時にもらえる補助金には、補助金として給付されるお金と、税金が控除されるタイプのものがあります。

ここでは、補助金として給付されるものを紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

2019年度(平成31年度)も継続して続く補助金制度

2018年度にも補助金制度として、運用されているものの中で、引き続き2019年度も継続されそうな補助金を紹介していきます。

正式決定はこれからなので、あくまで予想の範疇ですが、ご了承ください。

決定以降は随時決定事項として更新していきます!

エネファームの補助金

エネファームの設置費用に関する補助金です。

毎年なくなるのでは・・・?

と言われてきましたが、2019年度も補助金制度は継続しそうな運びとなっています。

ですが、経済産業省の概算予算請求では、2018年度度よりも少ない予算となっていますので、補助金額が減少する可能性はあります。

関連:エネファームの補助金2018年(平成30年度)も新築・リフォーム共に出ます!

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の補助金

ZEHもしくはニアリーZEHなど、ZEHとしての住宅を新築する場合の補助金は、2019年度以降も継続されます。

2018年度から経済産業省、環境省、国土交通省の共同でZEHの補助金制度が運用開始されました。

この取組は、2019年以降も継続すると思われます。

そして、補助金額に関しては、環境省や国交省は予算を増枠して請求していますので増える可能性はありそうです。

国としては、今後ますます力を入れていく分野となっています。

蓄電池の補助金

蓄電池の補助金も2019年度も継続しそうです。

2018年同様に、ZEHの補助金の増額という形での制度になるのではないかと思われます。

すまい給付金

すまい給付金は、2014年(平成26年)4月から2021年(平成33年)12月まで実施されることが決まっています。

ただし、消費税が10%になったタイミングで、給付対象も広がり上限もあがります。

消費税8%ではもらえなかった年収の方も、消費税が10%になった時にはもらえる可能性もあるので、しっかりとチェックしたいところですね!

関連:すまい給付金はいつから増額?!消費税10%時の方がメリットがあるって本当?!

地域型住宅グリーン化事業

地域型住宅グリーン化事業の継続はいまのところ、はっきりとはしていません。

情報が入り次第更新していきます。

Sponsored Link

2019年度(平成31年度)から新設される補助金制度

2019年度(平成31年度)からはじまることが予定されている補助金制度は2018年9月24日現在まだはっきりとは出ていません。

年末にかけて、国会で予算が決められていく中で制度として決定されてはじめて決まります。

今後に新たな補助金が生まれてくる可能性は十分にありますので、発表されましたら更新していきます。

 

今の所、検討段階ですので、どうなるか分かりませんが、消費税が10%になることへの対策として、住宅エコポイントが2019年に復活するのではないか?

という話しもあります。

関連:住宅エコポイントが2019年に復活!?消費税10%への増税対策

 

まとめ~2019年は消費税10%がポイント~

2019年は10月に予定されている消費税が10%に増税されることがポイントになりそうですね。

すまい給付金のように、具体的に制度の違いが明記されているものもあります。

また消費税は、当たり前ですが、新築の建築費のみならず、家具家電引っ越し資金などにもかかってきます。

それを考えるとタイミングが重要になりますね。

 

住宅の場合、経過措置として、半年よりも前の契約ですと、8%の税率が適用されるという制度もあります。

関連:消費税増税10%はいつから?住宅取得における3つのタイミング

もしも新築を考えている場合、2019年はタイミングに注意して進めていきたいですね!

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

このページの先頭へ