三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]の特徴と[ネット専用住宅ローン]との違い

三菱UFJ住宅ローンカブコム専用、特徴

住宅ローンというと、「家を買う資金を銀行から借りる制度」という認識が一般的です。

もちろんその通りなのですが、住宅ローンを比較していくと、住宅ローンというのは一つの商品であるということが分かってきます。

そして、その商品をさまざまな代理店で販売するという体系が見えてきます。

三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]は、この体制をとっており、三菱UFJ銀行の住宅ローンの商品を、カブドットコム証券が代理店として販売している商品です。

 

同じ銀行の商品ですが、住宅ローンの金利や手数料、保証料などが若干異なりますので、場合によっては、カブコム専用から申し込むメリットがある場合もあります。

ここでは、三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]と、三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンとの違いを紹介していきます。

Sponsored Link

三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]の特徴

前提として、三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]の立ち位置と注意点をまず確認しておきます。

カブドットコム証券は、三菱UFJ銀行の銀行代理業者として「住宅ローン」をご案内しております。

カブドットコム証券がご案内する三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]は三菱UFJ銀行の商品であり、カブドットコム証券が提供するものではありません。

そのため三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]のご契約(金銭消費貸借契約)は三菱UFJ銀行とのご契約となります。

お申し込みに際しては三菱UFJ銀行所定の審査をさせていただきます。審査結果によっては、ご要望にそいかねる場合があります。
出典:カブドットコム証券公式HP

 

とあります。

あくまで、カブドットコム証券は、代理業であって住宅ローンは、三菱UFJ銀行との契約ということですね。

では、三菱UFJネット住宅ローン[カブコム専用]の主な特徴を一覧表示します。

変動金利 0.525%
当初固定3年 0.40%
当初固定10年 0.75%
保証料 0(金利に含まれる)
手数料 2.16%(税込)
7大疾病保障  ビッグ&セブン<Plus> 加入可能 +0.3%(期間限定+0.2%)

※2018年8月30日現在の金利です。※

 

三菱UFJ銀行の住宅ローンの商品を扱っているので、基本的には、三菱住宅銀行のネット専用住宅ローンと同一のものになります。

詳細は下記コンテンツに記載しておりますので、ご参照ください。

三菱UFJ銀行の住宅ローンにネット専用があるって知ってる?特徴とデメリットは?

 

他社の住宅ローンとの比較は、この特徴でも出来ますが、三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンと何が違うのか、同じならカブコム専用で申し込むメリットはどこにあるのかが気になります。

パッと見の内容は、三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンと変わらないですが、よくよく見てみると、違う点もありますので、ここからは、ネット専用住宅ローンとカブコム専用の違いについて詳しくみていきます。

三菱UFJ住宅ローンカブコム専用とネット専用住宅ローンの違いと注意点

同じ商品でありながら、違う点はが1つあります。

その違いによって、資金計画やローンの返済計画によっては、大きな差になることがあります。

また当初固定金利においては、パット見カブコム専用の方が安そう見えるのですが、注意点があります。

手数料か保証料かの違い

実は大きく違う点として、

ネット住宅ローンは、保証料が2.06%で手数料が32,400円でした。

それに対して、カブコム専用は、手数料が2.16%(返済期間35年の場合)で、保証料は不要となっています。

いずれも税込です。

保証料と手数料の合計を見てみると、

例えば、4000万円の借り入れの場合は、ネット専用住宅ローンの場合856,400円です。

カブコム専用の場合は、864,000円。

 

2000万円の借り入れの場合は、ネット専用住宅ローンは444,400円。

カブコム専用は、432,000円。

と借り入れ金額によってどちらの方が費用がかかるかは、変わってきます。

 

そして、注意が必要なのは、手数料と保証料の大きな違いは、繰り上げで返済した場合に、保証料はある程度戻ってきますが、手数料は戻ってこないとう点。

 

もしも繰り上げ返済を予定しているのであれば、保証料の戻りがある分、ネット専用住宅ローンの方がメリットが出るということもありえます。

もともと、繰り上げ返済をする予定がある場合は、ネット専用住宅ローンの方が結果的には安くなる可能性があります。

 

当初固定金利の優遇幅が違う!?と思いきや・・・。

三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンもカブコム専用の住宅ローンも当初固定型の金利が安いという特徴があります。

そして、ネット専用住宅ローンとカブコム専用住宅ローンを比較した時に、パット見三菱UFJ住宅ローンカブコム専用の方が、当初固定金利の引下幅が大きくなっているような気がします。

それぞれの金利を見ていきます。

 

カブコム専用 ネット専用住宅ローン
借り入れ時 固定期間終了後 借り入れ時 固定期間終了後
当初固定3年 0.40% -2.05% 0.40% -1.85%
当初固定10年 0.75% -1.8% 0.75% -1.60%

※2018年8月30日現在の金利です。

というように、カブコム専用の方が、固定期間終了後は安いように見えます。

ですが、-2.05%とあるように何からマイナスなのかと言うと、カブコム専用では、基準金利(保証料込)からの引下幅とあります。

一方、ネット専用住宅ローンの方は、店頭表示金利より-1.85%の引き下げ幅となっています。

そして、店頭表示金利は、カブコム専用の方は、当初3年固定で、年 3.150%。

ネット専用住宅ローンの方は、年2.95%とあります。

つまり、その差は0.2%ですね。

パット見0.2%分カブコム専用の方が安いように見えますが、店頭表示金利が0.2%カブコム専用の方が高いので、結果的には同じになります。

そして、この0.2%は、保証料分となっています。

つまり、結果的には、カブコム専用も、ネット専用も同じ金利になっていると言えます。

 

Sponsored Link

まとめ~三菱UFJ住宅ローンカブコム専用をおすすめしたい人~

以上、三菱UFJ住宅ローンカブコム専用の特徴と、ネット専用住宅ローンの違いをまとめてきました。

三菱UFJ住宅ローンカブコム専用と、ネット専用住宅ローンのどちらを選ぶかは、繰り上げ返済の計画の有無で考えると良いでしょう。

金額によっては、手数料の方が安い場合もありますので、その場合は、カブコム専用で申し込むとメリットが出ることもあります。

繰り上げ返済をできればしたいと考えている場合は、ネット専用住宅ローンの方が良いとも言えそうです。

 

 

では、どんな人に、三菱UFJ住宅ローンカブコム専用がおすすめかをまとめておきます。

 

三菱UFJ銀行をメインバンクとして使っている。

メガバンクで住宅ローンを組みたい。

ネット専用の低金利は魅力的

来店不要で手続きが完了できる。

繰り上げ返済をする予定はない

上記に当てはまる場合は、三菱UFJ住宅ローンカブコム専用を選ぶメリットはあると言えそうです。

 

ちなみに、カブドットコム証券のユーザーにとってメリットの掲示が見つからないのですが、、、何かあって然るべきとは思うところです。

ですが、問い合わせしてみたところ、特に手数料優遇などの特典があるわけではないようです。

 

もしも、期間限定などで、カブドットコム証券のユーザーに向けられたキャンペーンなどがあれば、その内容で検討してみるのも良いかもしれないですね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ